年金機構手続き遅れで過払金約4,000万円回収不能に

会計検査院は、日本年金機構が公表した200万円以上の過払金事務処理ミス(178件)について調査した結果、そのうち68件は過払分の全部または一部が
時効期限を過ぎており、請求できなくなっていたことがわかった。

返納手続きの遅れが原因とされているが、機構はこうした事態を把握していなかったとし、検査院は機構に改善を求めるとともに、厚労省にも指導監督を要請した。

コメント