「デジタル改革関連法案」、衆議院可決

「デジタル改革関連法案」が6日、衆議院本会議で可決され、参議院に送られた。

同法案は、デジタル庁設置、デジタル社会の理念、行政手続きにおける押印廃止、マイナンバーと預貯金口座のひも付けの促進などを定める法案が束ねて審議されたもので、付帯決議で、行政機関が保有するデータを国内で管理することや、個人情報の目的外利用・第三者への提供に係る要件の認定の厳格化などが求められた。

コメント