国家公務員の定年段階的引上げに 改正法成立

改正国家公務員法が参院本会議で可決、成立した。

現在、国家公務員の定年は60歳だが2023年度から2年ごとに1歳ずつ引き上げ、2031年度に65歳とする。

また、60歳で原則として管理職から外す「役職定年制」の導入や短時間勤務を選べる仕組みを取り入れる。

給与は当面、直前の7割程度とする方針。

コメント