コロナ影響で内定取消124人

厚生労働省は、今年3月に卒業の学生で内定取消をされた人が8月末時点で136人だったことを発表した。

このうち、コロナ禍が影響したとみられる取消しは124人(昨年は211人でコロナ禍影響140人)。

業種別では「卸売・小売業」(75人)が最多で、次に「製造業」(19人)が続いた。

コメント