厚生労働省

厚生労働省

労働組合の組織率が上昇

厚生労働省の調査から、今年6月時点の労働組合組織率が17.1%(推定値)となり、11年ぶりの上昇(前年比0.4ポイント上昇)となったことがわかった。 雇用者数は94万人の減少となる一方、組合員数は1011万5000人(2万8000人...
労災関連

アスベスト労災 新たに749事業所を公表

厚生労働省は16日、2019年度にアスベストによる疾患で労災認定された人や特別遺族給付金の対象となった人が働いていた992事業所の名称・所在地・作業状況等を公表した。 新たに749事業所が公表対象となっている。
パート・アルバイト関連

休業支援金 バイトも対象

厚生労働省は、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」について、シフトが入らなくなったアルバイトらも支援対象になると指針で明確にした。 休業前に6か月以上にわたって月4日以上の勤務が確認でき、新型コロナの影響がなければ同様...
厚生労働省

2017年大卒の離職率32.8%

厚生労働省は、2017年に大学卒で就職した人のうち3年以内に仕事を辞めた人の割合が32.8%(前年比0.8ポイント増)だったと発表した。 高卒は39.5%(前年比0.3ポイント増)で、3年連続で40%を下回った。
厚生労働省

有給取得率が過去最高に

厚生労働省が発表した就労条件総合調査によると、2019年の年次有給休暇の取得率が56.3%(前年比3.9ポイント上昇)となり、過去最高となったことがわかった。 平均取得日数は10.1日で0.7日増。
厚生労働省

9月の有効求人倍率1.03倍 低水準続く

厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率は1.03倍で、6年9カ月ぶりの低水準となった。 9月の全国の新規求人数は前年同月比17.3%減の75万8,091人。 「生活関連サービル業、娯楽業」「宿泊業、飲食サービス業」で落ち込みが...
厚生労働省

年金機構手続き遅れで過払金約4,000万円回収不能に

会計検査院は、日本年金機構が公表した200万円以上の過払金事務処理ミス(178件)について調査した結果、そのうち68件は過払分の全部または一部が時効期限を過ぎており、請求できなくなっていたことがわかった。 返納手続きの遅れが原因とさ...
厚生労働省

内定取り消し201人

厚労省の発表によると、今年3月卒業の学生で内定を取り消された人は、9月末時点で201人にのぼる。 このうち、新型コロナウイルス感染拡大が主な影響とみられるのは130人。 特に影響が直撃した業種を中心に採用を絞る企業が多いことを...
厚生労働省

介護業界への転職者に最大20万円の支援金

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染拡大によって介護職の人材不足がさらに深刻化していることから、他業種から介護職への参入を促すため、介護業界への就職者に対し、返済免除付きの新たな貸付事業を創設する方針。 介護職員になるための研修を修...
厚生労働省

給与総額、5カ月連続で減少に

厚生労働省が発表した8月の毎月勤労統計調査(速報)によると、労働者1人当たりの平均賃金を示す現金給与総額は27万3,263円(前月同月比1.3%減)となり、5カ月連続のマイナスとなった。 特に、生活関連サービスや飲食サービス業で大幅...