厚生労働省

労働時間関連

残業時間13.7%減、過去最大の減少幅。給与総額も8年ぶり減少

厚生労働省が28日に発表した2020年度の毎月勤労統計調査で、正社員の所定外労働時間が前年度比13.7%減、パート労働者21%減で、1993年の調査開始以来最大の減少幅となったことがわかった。 飲食業や生活関連サービスでの減少が著し...
厚生労働省

雇調金特例措置、7月末まで現状維持 厚労省方針

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う雇用調整助成金の特例措置について、現状のまま7月末まで維持する方針を固めた。 当初は6月末を期限として以降縮減する予定だったが、政府が緊急事態宣言の延長を検討していることを踏まえ、縮減...
制度関連

勤務間インターバル制度の導入15%目標 過労死防止大綱最終案

厚生労働省が見直しを進めている「過労死防止大綱」について、協議会は最終案をおおむね了承した。 同案では、2025年までに、勤務間インターバル制度導入企業15%以上(20年4.2%)、週労働時間が60時間以上の人の割合5%以下(20年...
厚生労働省

大学就職率 6年ぶりに97%下回る

文部科学省と厚生労働省は、今春に卒業した大学生の就職率が96.0%となり、過去最高だった前年(98.0 %)を2ポイント下回ったと発表した。 「売り手市場」により高水準が続いていたが、2015年以来、6年ぶりに97%を下回った。
厚生労働省

介護保険料が初の6,000円超

厚生労働省は、65歳以上が支払う介護保険料が、4月から全国平均で月6,014円になったと発表した。 介護保険料は3年ごとに見直しており、要介護者などの増加により上昇が続いている。 4月の改定では全国平均が改定前の5,869円か...
制度関連

労災特別加入に飲食宅配代行業ら検討

厚生労働省は、個人事業主が自ら保険料を払って加入できる労災保険の「特別加入」の対象に、飲食代行業とITエンジニアも加える検討を始めた。 労災保険は本来、雇われている働き手を保護するが、業種により個人事業主も対象にしている。 今...
厚生労働省

雇調金特例措置 「緊急事態」「まん延」地域で6月末まで延長

厚生労働省は、雇用調整助成金について、新型コロナウイルス感染拡大に伴う特例措置(日額上限や助成率の引上げ)を、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の対象地域で6月末まで延長することを発表した。
厚生労働省

求人倍率46年ぶりの下げ幅

厚生労働省が発表した2020年度平均の有効求人倍率は、1.10倍となり、前年度を0.45ポイント下回った。 第1次石油危機後の1974年度(0.76ポイント低下)以来の下げ幅だった。 総務省が発表した2020年度の完全失業率は...
制度関連

給与のデジタル払いの制度案を提示 厚労省

19日、厚生労働省は給与のデジタル払いに関する制度案を労働政策審議会に示した。 資金移動業者に課す5つの要件も示した。 要件は、1.債務履行が困難になった場合の保証体制、2.不正取引などで損失が発生した際の補償、3.月1回の手...
厚生労働省

履歴書の性別記入任意に~厚労省が様式例を示す

出生時の性別と自認する性別が異なるトランスジェンダーの人たちへの配慮から、厚生労働省は、履歴書の性別欄に男女の選択肢を設けず記載を任意とする様式例を作成、厚生労働省の諮問機関である労働政策審議会分科会で説明した。