事務所便り

事務所便り

「チームの雰囲気」が働く人の満足度やモチベーションにどう影響しているか?

富永労務管理事務所便り 平成31年春号 ビジネスマンは、今の職場に満足しているのでしょうか。また、「チームの雰囲気」が働く人の満足度やモチベーションにどう影響しているのでしょうか。(株)日本能率協会総合研究所が行ったアンケート調査(...
事務所便り

留学生の日本企業への就職事情(平成29年度法務省発表資料より)

富永労務管理事務所便り 平成31年冬号 ◆外国人労働者の市場 現在、日本国内で働く外国人は128万人にのぼり、労働力の50人に一人が外国人であるといわれています。今回は、在留資格のひとつ「留学生」について、平成29年度における...
事務所便り

長時間時間労働はここ10年でどのくらい減ったのか?

富永労務管理事務所便り 平成30年夏秋号 ◆月240時間以上の長時間労働、10年で減少 月に240時間以上の長時間労働をしている人が、この10年間で減少したことが、東京大学社会科学研究所の石田浩教授らの調査でわかったと報じられ...
事務所便り

「請負契約のフリーランス」を独禁法で保護へ

富永労務管理事務所便り 平成30年春号 ◆悪質なケースでは摘発も 企業などから個人で直接仕事を請け負って働く「フリーランス」とよばれる人たちが、契約で不当な制限を受けた場合、独占禁止法で保護されることになりました。フリーランス...
事務所便り

来年4月から本格化する「無期転換ルール」に関する調査結果

富永労務管理事務所便り 平成30年冬号 ◆改正労契法で定められたルール 2013年に「改正労働契約法」が施行され、同法18条により、同じ事業主の下で契約更新が繰り返されて通算5年を超えた有期契約労働者は、本人の申出により「無期...
事務所便り

「同一労働同一賃金」に関する報告書の内容は?

富永労務管理事務所便り 平成29年夏号 ◆関連法案を秋の臨時国会に提出へ 厚生労働省の労働政策審議会は6月9日、「同一賃金同一労働」に関する法整備について検討してきた結論を報告書にまとめました。これを受けて政府は関連法案をまと...
事務所便り

厚労省が策定した「労働時間適正把握ガイドライン」のポイント!

富永労務管理事務所便り 平成29年春号 ◆1月20日に公表 近年、労働時間削減は多くの企業において喫緊の課題となっており、政府の「働き方改革実現会議」でも長時間労働の是正について様々な議論がなされています。昨年12月には厚生労...
事務所便り

「定年後再雇用者の賃金減額」をめぐる裁判で会社側が逆転勝訴

富永労務管理事務所便り 平成28年冬号 ◆東京地裁から東京高裁へ 今年5月、東京地裁において、定年後に1年ごとの契約で嘱託社員として再雇用された複数の労働者(トラックドライバー)の職務内容が定年前と変わらないにもかかわらず、会...
事務所便り

調査結果にみる 中小企業の「人手不足」への対応と課題

富永労務管理事務所便り 平成28年夏秋号 ◆中小企業へのアンケート調査 日本商工会議所から6月下旬に「人手不足等への対応に関する調査」の集計結果が公表されました(調査対象:中小企業4,072社、回答企業:2,405社)。企業に...
事務所便り

雇用保険、65歳以上も新規加入が可能に!

富永労務管理事務所便り 平成28年春号 ◆高齢者の雇用拡大を後押し 厚生労働省が、来年度から65歳以上の高齢者も新規で雇用保険に加入できるようにする方針を決めました。同省の雇用保険部会がまとめる制度改正の報告書に盛り込み、今年...