新型コロナ禍受け、採用慣行の柔軟化めざす

新型コロナ禍で企業や学生の活動に支障が生じている問題を受け、萩生田文科相と経団連の中西会長は、企業による学生の採用選考を柔軟にしていく方向で一致した。
選考や採用の時期の通年化をめざすこと、原則禁止としてきたインターンシップからの採用を柔軟に運用することなどで対応する。
2021年春に卒業する学生から対象にできるよう調整を進める。

コメント