コロナ影響で有効求人倍率が3年連続下落 2021年平均1.13倍

厚生労働省は、2021年平均の有効求人倍率が1.13倍で、大幅に悪化した前年を0.05ポイント下回り3年連続で低下したと発表した。

同省は、新型コロナウイルスの感染拡大で経済状況が悪化した影響が続く一方で、新たに仕事を求める活動は活発化したことが低下につながったと分析している。

なお、総務省が発表した21年平均の完全失業率は、横ばいの2.8%だった。

コメント