ご相談事例(助成金・補助金)

ご相談事例とサービス
(助成金・補助金)

厚生労働省が所管する助成金を活用するメリットは、助成金の受給だけでなく、社内環境の整備や雇用管理改善も行うことができることです。それは助成金の要件は厚生労働省が推進している先進的な取り組みや国策である場合がほとんどだからです。割増賃金の支給や社会保険の加入はもちろんのこと、法律では義務付けられていない社内制度を設けるなど、助成金の申請を目指すうちに社内の環境がホワイトになっていくことも少なくなりません。

①申請に関するルールの変更や改正が多いため、社労士に依頼したほうが早くて正確

厚生労働省が所管する助成金制度は毎年度改廃、創設されます。そのため、一般の企業では知識の蓄積が困難で毎回初めての作業となる場合が多く、申請作業に時間がかかってしまいます。また、前述したように助成金額は数十万円までであるケースが多いので、あまり時間をかけすぎると人件費と合いません。まれに何度も繰り返し申請する助成金もありますが、その場合は知識の蓄積を行うことができるため、自社で申請する事も可能ですが、制度の改廃やマイナーチェンジが多いため今までと同じでは受給できない事が発生したり、新しく要件に該当するような制度が創設されても気づかなかったりといった事も起こりやすいので、定期的に専門家と接触して助成金の相談や提案を受けた方が得策です。

②本当に使える助成金を見極めるのが難しいため、社労士に依頼したほうが時間を無駄にしない

自社で活用しやすい助成金を見極めてもらえる数ある助成金の中でも、本当に使いやすい助成金制度はほんの一握りです。助成金として存在はしているけれど、申請件数が極端に少なかったり、助成金額の割に社内で特別に行っていただく手間が多すぎるなど費用対効果が悪いものも多くあります。
自社で活用しやすい制度を見極めてもらうという意味では社労士に意見をもらって自分自身で申請するというのも方法の一つです。

まずはお問い合わせください!
080-5574-9422
 または お問い合わせ