年内に政省令改正の方針 押印廃止等

政府の規制改革推進会議は、行政手続の書面・対面手続や押印の見直し・撤廃について、年内に政省令を改正する方針。

法改正を要するものについては、来年の通常国会で関連法の一括改正を目指す。

また、民間事業者同士の手続についても規制を見直すとしている。

このほか、オンライン診療の恒久化、飲食店の道路占用許可基準の緩和、デジタルトランスフォーメーションを促すための規制・制度の見直しなどについても必要性を指摘した。

コメント