21年度の公的年金、0.1%減額改定 新型コロナによる賃金下落を反映

厚生労働省は、2021年度の公的年金の支給額について、前年度比0.1%減に改定すると発表した。

賃金変動の受給額への反映を徹底する新ルールを適用し、新型コロナウイルスの影響を受け現役世代の賃金が下落していることを受けて17年度以来4年ぶりの減額改定となった。

一方、マクロ経済スライドによる調整は行われず、未調整分は来年度以降に持ち越される。

コメント