書面提出、対面、原則廃止へ 政府計画案

政府は、デジタル社会の実現に向けた重点計画案を示し、書面の提出や対面、目視を義務付ける規制や制度を廃止し「デジタル原則」をめざすことを明らかにした。

例えば、ハローワークでの失業認定は、オンライン面接や電子署名を活用する。

すぐに変更できるものは来年1月から順次改め、来春までに規制や制度、法改正の方向性をとりまとめる。

コメント