休業者に特例で失業手当を検討

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大による休業者に特例として失業手当を支給することを検討する。
財源には、雇用保険の積立金を活用する。今回検討するのは「みなし失業」と呼ばれる特例措置で、東日本大震災などの際に導入したことがある。
失業手当は収入や年齢などによって異なり、上限は1日あたり8,330円。実現には、失業手当の関連法改正が必要。
みなし失業が実現すれば、雇用調整助成金と異なり、従業員の申請で済むようになる。

コメント