公官庁関連

公官庁関連

精神疾患の労災 男性「長時間労働」、女性「セクハラ」が主因

政府は21日、2022年版「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。白書によると、うつ病などの精神疾患で12~19年度に労災認定された3,853件の認定理由を男女別に分析したところ、 男性の最多は「恒常的な長時間労働」(32%)で、女...
公官庁関連

現行の保険証を24年秋に廃止 マイナンバーカードと一本化

河野デジタル相は13日、現行の健康保険証を2024年秋に廃止し、「マイナ保険証」としてマイナンバーカードに一本化することを表明した。 紛失時に約2カ月を要することがある再発行までの期間短縮や、申請可能な場所の拡充といった対策も進める...
公官庁関連

副業300万円問題 基準案変更へ

国税庁は、8月に発表した「年300万円以下の副業収入は原則として雑所得」とする通達案に反対意見が殺到したことを受け、大幅に変更する。 修正案では、帳簿があれば副業による収入金額にかかわらず基本的に事業所得とする。 帳簿がなけれ...
公官庁関連

フリーランス保護新法案、今秋臨時国会提出へ

政府は、フリーランスを保護するための新たな法律を制定する方針を固めた。 発注者に、契約の報酬金額や納期、業務内容を書面や電子データで示すよう義務付けるほか、禁止行為等も定め、資本金1千万以下の企業にも同様に適用する。 当初、下...
公官庁関連

政府が人権DD指針を策定

政府は13日、「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン(人権DD)」を決定した。 海外拠点を含む自社のサプライチェーンで人権侵害がないか定期的に点検し、問題があれば改善するよう求めることや、自社の取組み状況の...
公官庁関連

人的資本開示の指針を正式決定

政府は30日、企業の人的資本の開示に関する指針「人的資本可視化指針」を正式にまとめ公表した。 企業に従業員の育成状況や多様性の確保、労働慣行など19項目の開示を求め、自社の取組みや具体的な数値目標を明らかにしてもらう。
公官庁関連

10月から雇調金特例措置上限引下げ 1万2,000円で検討

政府は、コロナ禍で特例的に増額していた雇用調整助成金について、10月から助成額の上限を引き下げる方針を固めた。 特に業績が悪化している企業の日額上限1万5,000円を1万2,000円に引き下げる。 それ以外の企業についても、日...
公官庁関連

マイナカード申請5割超え

総務省は25日、マイナンバーカードの申請件数が人口の50%を超えたと発表した。 23日時点の申請率は50.1%で、交付率は47.0%。同省はさらなる普及促進に向け「自治体マイナポイント」事業を全国展開するための関連経費12億8,00...
公官庁関連

中小企業デジタル化応援隊事業で計1億円相当の不正判明

経済産業省は19日、「中小企業デジタル化応援隊事業」について、455件、計1億円相当の不正が判明したと発表した。 デジタル化に取り組む中小企業がIT専門家からアドバイス等を受ける際の費用補助を実施したが、架空請求や水増し請求などが行...
公官庁関連

人権侵害を防ぐ企業向け指針案 経済産業省がまとめる

経済産業省は5日、企業がサプライチェーン(供給網)全体で人権侵害を把握し予防するための「人権デューデリジェンス」の指針案をまとめた。 企業に対し、強制労働や児童労働などの人権侵害がないかを調べ、防止や解消に取り組むよう求める。 ...